美空ひばりを聞きながら

今ひばり特集をやっている。
昭和24年から始まり、ひばりの映像と重ねながら歌が流れてくる。
昭和を生き抜いてきた私たち世代、子供時代を思い出している。
物がない時代、靴も配給で黒い運動靴、下駄を履いて学校に通っていた時代を思い出しながら
父がいない生活、どれだけ母親が私たち兄弟を大事に育ててきたか・・・
物がなく、お金もなくて貧乏したけれど、母親の愛情だけは精いっぱい貰ったような気がする。
ひばりの歌を聞きながら、涙が出てくる。
歌は私の胸を切なくさせてオセンチにさせてしまう。
主人も母親も亡くなり、広い部屋にぽっんと一人暮らしをしている。
娘も息子も時々入院をするけれど、今のところ命に関わらないからいいのかな?・・・
そう思っている。
今の時代、悲惨な事件ばかりテレビで見るけれど、これって愛情の欠如かな?
もっと、もっと、親は抱きしめて育てなければ愛情不足かも・・・
戦後間もない時代を生き抜いてきた私たち世代
何を今の子供たちにしてやれるのか?
孫を見ながら考えます。
最近娘から孫が勉強しないから頭が痛いよ・・・と聞くが
『いいじゃない・・・それよりも心と体が健康ならば』
今の世の中なにが起こるかわからないからね
いつも子供と話をすることだよね
そんな会話をしたのが最近
ひばりの歌を聞きながら、自分の子供時代、そして自分の子育てを思い出しています。
病気の子供二人を抱えながら、仕方ないか
これが私の人生だもの
乗り越えるだけの力を貰い受けて生まれてきたわたしだから
ひばりの河の流れのようにを聞きながら、流れに任せて生きてきた私
今自分自身を振り返って歌を聞いています。
ひばりの歌は久し振りに子供時代を思い出させた時間でした。
[PR]

# by kiku1222 | 2008-06-20 23:59

今日の新聞から・・・江原さんの霊視番組に対して思うこと

私は彼の番組を良く見ますが、それはそれぞれが感じ取るものであると思うのです。
主人が亡くなり、二人の子供が難病になり、助ける事が移植しかなかったこの数年
どう生きていけばいいのか?
迷いながら過ごした日々、そんな時江原さんの本にどれだけ生きる勇気を与えられた事か
彼の笑顔を見るとホッとするのです。
辛い時、困ったとき、いつも何事もなく過ごす事が出来るのも主人のお陰かな?
いつも私の側にいて守ってくれているような気がします。
そんな気持は感じ取れるものじゃないと解らない
理屈では解らない事なのです。
とにかく私自身どれだけ彼の本で生きる勇気をもてたことか
困った事や、今からやらなければならない問題にぶち当たった時には必ず私は無事に話が
上手くいきますようにと、仏様に向かって
『お父さんお願いね・・・守ってね』・・・・
そんな時本当にうまくいくのです。
江原さんのこと新聞で叩いたり、あるテレビの番組でも言っていたけれど、私みたいに
すごく精神的に助けられたものがいることも、知っていただきたいのです。
お金の苦労もなくバリバリ仕事している人には、私たちみたいに重荷を背負いながら生きていく人間の気持など解るはずがない
そんな私たちが、心のより所にして彼の本を読んだり話を聞く事ぐらい、いいのじゃないかしら
私は、江原さんに感謝しています。
だってこんなふうに生きていけるのも彼のお陰ですから・・・応援しています
テレビの番組でいろんな事言ったある放送局、一度彼をゲストに呼んでみたら如何ですか?
[PR]

# by kiku1222 | 2008-02-06 00:15

心が折れる

民主党の小沢さんではないけれど私の心も折れてしまったみたい。
悲しいかな60歳も半ばに差し掛かり、今まで張り詰めてきた心が友人の一言にプッン
してしまいもうどうでもいいかな?・・・と思った。
このところ同窓会があり、私ともう1人の友人は、関西から来ると聞いた彼女に会えると楽しみにしていたけれど、間に入ってくれた友人の一言に何十年も会っていない彼女に
私はもう会わなくてもいいかな?・・・
会いたいと思う気持が自分だけだったのかな?・・・
そう思い知らされたような気がしました。
寂しい気もするけれど、人間何十年も離れて暮らしていると、考えている事もわからないし
人生をいろんなことを経験しながら生きている。
自分と同じではないのだ・・・自分の甘い考えに私の心が折れてしまった。
小沢さんも自分が期待した言葉が皆から聞えてこなかった事に対して、心が折れてしまったのだろう。
私と同じ年齢の小沢さんの気持が良く解るような気がします。
記者会見の席で、目に涙を浮かべていた彼の姿にもう一度頑張れとエールをおくります。
言葉とは相手を傷つけないように心づかい、気づかいをしながら発すること
ただ救われたのは、小学校の同窓会で昔のままのクラスメートに出会えたこと。
この人たちは本当に心から、皆に出会えたことを愉しんでいたようだ。
勿論この私も楽しいひと時であった。
今度いつ会えるかわからないけれど、それまで皆元気で会えるように願っているのです
[PR]

# by kiku1222 | 2007-11-08 18:52

主人の13回忌を終えて

主人の13回忌が済んで、私の心の中で何かしら変わってきたように思う。
心の中で整理がついたのか?家中を整理してい居る私
体が自然と動く
入らないものを捨ててしまい、過去を振り向かないようにもう一度しっかりと前を向いて
歩いていこう・・・心の中で誓う私
後何年生きていけるか解らないけれど、どんなことにも負けない根性で頑張って生きていきたい
まさに私の人生は波乱万丈な人生ではないかと思う。
病気の子供二人を抱え生きてきて、やっと主人の13回忌も過ぎホットしたとたん
今度は家の中でシロアリ騒動
今度はシロアリ駆除
私にはもう家一軒しか残っていないのに、この家までがこんな状態で、最初は気が動転してしまった。
しかし何日か考えた後、まあいいや・・・この程度だったからどうにか成るさ・・・
そう思ったら、気持が楽になった。
私の人生はこんなもんか・・・
次々に課題を貰い、そのたびにいかにしてこの苦しみから抜け出せるのか考える
まだ健康な身体を維持しているから、どうにか頑張る事が出来るかもしれない
何故かいつも切り抜けることが出来るのは、亡くなった主人が守ってくれていると思うのである
あと何年働く事が出来るのか?
考えている私・・・もっと若いと良いのにな・・・・
そんなことを思いながら今日過ごした日です。
[PR]

# by kiku1222 | 2007-10-15 22:49

自民党総裁選におもう

今回の安部さんが首相を辞めてから自民党の中を見てみると、代議士はそれぞれ
自分が有利になる事ばかりに目を向けて、国民のほうを見ていない
それぞれの顔を見ていると、心の中が見えるようで私は冷ややかな目で見ているのです。
福田さんは今回は出るんですね
この前の時は出なかったけれど、今回は自分の出番が来たような意気揚揚とした笑顔を見たような気がします。
麻生さんは出遅れたようだけど、私は応援したい
何故ならば九州人だから応援したい
同じ福岡の人なのに、応援しないで福田さんに擦り寄っていく二人の代議士を見ていると
この人たちはけして私たち国民のほうを見ていないと思った。
自分たちのことばかり
麻生さんは生まれが良いので、貧乏人のことはわからないとは思うけれど、それにしても
二人の代議士の態度には無性に腹がたつ
とにかく誰がなっても良いけれど、国民はよーく見て選挙の時には自分の大事な一票を
この人ならばという人に入れなくちゃ・・・
自分のことばかり思う代議士には入れたくないよね
テレビを見ながら腹が立つ
私たちの年金問題はどうなっているのか
貰うものがへってきていやになるよね・・・官僚も代議士も国民を馬鹿にしているんじゃないの
安部さんも相当疲れていたんだね・・・この前の選挙の時にやめて居ればよかったのかも
でも身体大事にしてもう一度国民のために働いて・・・
貴方も中国に対しては努力したのではないかな・・・
[PR]

# by kiku1222 | 2007-09-15 19:47

老人施設で働いて・・・思うこと

こんなに暑い日が続く毎日
麦茶を各部屋の給湯器の前まで毎朝運ぶ時に私は声をかける
『冷たいお茶をどうぞ』
『ペットボトルにいれたいけれどペットを押さえることが出来ん』
『じゃ入れてあげますよ』
『ごめんね』・・・毎朝の私の会話
『遠慮をしなくていいんですヨ』
たまには氷がほしいといわれる人には、氷を持って行ってあげるのです。
そんな私の仕事に寮母さんから
『そんなことしないで』・・・といわれる
しかしお客さんである年寄りに嫌とはいえません。
『ごめんね・・・ごめんね・』
・・何度も何度も言われる。
『私のことは心配しないでください・・・だって私の親みたいな人にしてやることは当たり前だから
寮母さんは年寄りのおばあさんに多分甘えちゃだめだよと言われたと思う
心配してだろう
『ご飯が食べられない』
『何を言っているんですか?私のことは心配しないで言いから・・・
こんなときにお互い仕事だから、
『御免ありがとう』
それでいいのではないのか?
私たちが考える事はお客である年寄りの健康を考えて気配りをしながら見ていくことではないのか
年よりは終の棲家としてここに来ている人ばかりである
そんな人たちの子供たちと居るみたいな気持過ごしてほしいと願いながら仕事をしている私
私間違っていないよね・・・だって親みたいな人と暮らしてしてやれることは
わたしがかける愛情と美味しい食事を愉しんでほしい
そんな気持で仕事している
そんな人たちに囲まれて仕事している私は幸せ・・・


そんな年寄りの人たちにどれだけ心をあげることが出来るのか、悩んだ夜でした。
[PR]

# by kiku1222 | 2007-08-28 08:34

孫の心

情緒障害児の子供たちをテレビの画面で見ながら何故か涙が出てきた。
親からの虐待を受けていた子供たちの姿
その子は将来警察官になりたい
何故?・・・自分が虐待を受けた時助けてもらったから・・・との答え
その子供を見ながら孫の事を思った。
孫の先生にあった時、何故彼は人を傷つける事を言ったのか?
私は日ごろの孫の姿からそんなはずないじゃないの?
と思ったけれど、今の子供たちに限ってそんなことはないのであろう・・・と思わなければ
ならないのだろう
クラスメートに投げかけた言葉を聞いて、どこでそんな言葉は知ったのかと思いきや
テレビの中のセリフ
ドラマの中に自分ぐらいの子供が出るので休みの日など見ることがあったのだろう
そのセリフがどんなにか友達の心を傷つけた事か
ドラマを作る場合には子供たちに影響を及ぼす言葉は投げかけられないと思って
ドラマを制作してほしいのです。
ドラマの中で言った言葉でどれだけ人の心を傷つけるのか彼に話した
自分が言われて嫌な事は言わない
現実自分は両親そろって何の心配もなく暮らしている彼には人の苦しみが本当にわかっていなかったのか?
私は世の中には大変な思いをして暮らしている人もいるのだということを話した
だから人を思いやる心を持たないといけない
人に優しく、弱い人の見方をするようにしないといけない
そんな話を孫と話した夜でした。
[PR]

# by kiku1222 | 2007-07-19 23:35

優しさとは・・・?

韓国ドラマをよく見るのですが、ドラマの中で思いやり、人への優しさそんな場面が
よく出てくる。
日本のドラマを見ても胸が切なくなることはないのですが、韓国ドラマは泣かせる場面が
よーくある。
今朝もプラハーの恋人を見ながらそう思った。
優しさ・・・は
先日職場でこんなことがあった。
お年寄りが具合悪くて手があまり動かす事が出来ない
そんな年寄りがご飯食べている側を通りかかった私は、お魚をむしってご飯茶碗の中に入れてやり、それから南瓜のサラダを
『食べる?』・・・
『ウン』
私は口の中に入れてやった。
その私のする動作を職員は冷たい目で見ていた。本来私の仕事ではないのですが
おかずを口に持っていくことが出来ず、ご飯ばかり食べている年寄りを見たとき
私はそうせずに入られなかった。
私が取った行動は間違っているかな?
いいやそんなことはないと思う。
福祉の現場で働いているのなら、これは当たり前
ここは病院ではないといわれたと聞くけれど、この人を引き受けたならばせめて温かく見てあげることが大事ではないかと思う
優しさとはいったいどうすればいいのか?
年寄りの中で働いて、職員同士に優しさがないのが悲しい
こんな人間関係の中で働いていると、せめて韓国ドラマを見ながら、自分の心の中を
清らかにして、心豊かにしておきたい
綺麗なものを見て、美味しいものを食べて元気出していきたい。
自分よりも17さいぐらい年下の主任の冷ややかで冷たい目を、思い出すたびに
腹の中で『あなたそれでも主任?』
何という職場で、こんな職場で生活のために働かなければならない自分が悲しい
[PR]

# by kiku1222 | 2007-07-18 10:29

福祉施設で働いて

今私は老人施設で働いている。
若い人たちと働きながら思うのは、言葉の使い方、つまり目上の人との会話に
年上の人を何て思っているんだろう?
と思うことがたびたびである。
今の若い職員は言葉を適切な使い方が出来ないのである。
年上の私たちに言うセリフは、ムカッとするような言葉を言ってくる。
そんな人に限って、家庭に戻れば武道の先生である。
私は思うのですが何のスポーツでも心技体であろうかと思うのです。
心が出来て次が技であろう
必ず指導者は心技体で指導されるでしょう。
私と彼女は、やがて親子ほどの年の開きがあり、こんな指導者から指導を受ける子供たちは
どんな心技体を教わるのかと不思議の思う。
何の先生でも、子供を教育する立場にいる人ならばまずは自分の心を磨く事ではないのか?
ましてこの場所は福祉の職場である
福祉とは・・・思いやり、優しさ、感謝ではないのか
人生の先輩がたくさんいる職場で、ここが自分の最後の居場所だと思われている老人に
いかにリラックスして、家庭にいるような気持で過ごしてほしいと思いながら仕事している私
そんな職場で今の若い人たちは何のために福祉を選んで就職したのでしょうか?
利用者の人たちにそんな言葉は言わないといっても、日ごろ働いている年上の
私たちに言っているならば、いつかは他の誰かにも言うかもしれない
指導者ならば、もっと謙虚さがほしいと思った。
そんなことを思った日です.・・・今日は
[PR]

# by kiku1222 | 2007-07-14 18:29

今回の選挙に思う事は・・・

今朝のテレ朝を見て思う事は腹ただしい事ばかり
首相の言葉で今回の農水相の問題光熱費他収支報告書
いろいろ言われていたけれど領収書を出せばいいじゃない・・・
説明を聞く度に我々には聞く度に胸がむかむかしてくる
何せ私たちの税金じゃないか・・・無駄に使うなよな
自分が問い詰められると開き直りで又相手を突いてくる
聞いてると嫌になるのである。
政治家は国民のほうを向いていない。
私たち生活が苦しいんです。生活に苦しみながら生きてきた人間の気持が本当にわかっているのですか?
年金問題にしても、自分達が使い込んでそれが解ると責任のなすりあい
国民を馬鹿にしているのではないのか?
主人がなくなり、遺族年金で生活して、何十年働いていても自分の年金は貰えず
そんなふうにして納めた年金を、政治家と官僚は使い果たして、本当に馬鹿にしている
今回の選挙は自分達のためにどうしたら良い答えが帰ってくるのか
そんな人を選ばないと、自分たちの生活はますます困窮してしまう
国民がもっと利口にならないといけない
病気になっても、病院に行くことも出来なくなる
ますます苦しくなってくる台所事情
国民はもっと目を開いて投票に行こうではないか
義理とか人情ではご飯食べられないよ・・・
[PR]

# by kiku1222 | 2007-07-08 18:57